2019年の初庚申(こうしん)は1月23日。柴又帝釈天で縁日開催。板本尊のご開帳も [冬のイベント]





2019年1月23日(水)は、今年最初の庚申(かのえさる)の日にあたり「初庚申(はつこうしん)」として、東京都葛飾区柴又の帝釈天題経寺で縁日が開かれます。
また、帝釈天の板本尊のご開帳も行われます。

スポンサーリンク



柴又帝釈天庚申縁日の画像


映画「男はつらいよ」シリーズの寅さんで有名な柴又帝釈天には、日蓮上人自ら刻んだと伝えられている「帝釈天の板本尊」が安置されています。
その帝釈天板本尊は、開山まもない時期から所在が不明となっていました。

江戸時代の安永8年(1779)本堂修理の際、屋根裏からこの御本尊が発見されました。
それが庚申の日であったことから、当時盛んだった「庚申信仰」と結びついて柴又帝釈天では庚申の日に縁日が開かれるようになりました。


◆2019年の柴又帝釈天の初庚申・庚申まいり・縁日開催日

初庚申  2019年1月23日(水)
庚申   2019年3月24日(日)
庚申   2019年5月23日(木)
庚申   2019年7月22日(月)
庚申   2019年9月20日(金)
納め庚申 2019年11月19日(火)

スポンサーリンク



▼イベント概要
初庚申
2019年1月23日
帝釈天題経寺
東京都葛飾区柴又7-10-3
公式サイト
お祭り