台湾フェス「東京タワー台湾祭 2019秋」9月13日~16日まで開催 [食のイベント]





2019年9月13日(金)から9月16日(月・祝)までの4日間、東京タワー (東京都港区芝公園)で「東京タワー台湾祭 2019秋」が開催されます。
日本と台湾の交流をテーマに2017年から行われているイベントで、今回で5回目の開催。

スポンサーリンク



taiwanfesta-tokyotower201909_01.jpg


東京タワーの屋外特設会場に、ご飯・麺類・スイーツ・ドリンクといった、台湾の"夜市グルメ"が集結。
担仔麺(タンツーメン)、鶏排(チーパイ)、滷肉飯(ルーローファン)、台湾麺線(タイワンメンセン)、小籠包(ショウロンポウ)、タピオカミルクティー、台湾ビールなど台湾夜市で人気の屋台グルメが並びます。

また今回は、会場を増設して『占い』や『ゲーム』屋台も出店。
台湾ゆかりのアーティストによるライブステージや、台湾随一のランドマーク「台北101」とのコラボレーション企画も予定されています。

なお入場には800円の「クーポン付き入場券」の購入が必要。
入場券の料金には、ドリンクチケット2杯分と台湾名産のお菓子1個が含まれています。

東京でリアルな台湾料理が味わえる4日間。
「東京タワー台湾祭」で食欲の秋を楽しんでみてはいかがでしょうか。


taiwanfesta-yokohama1904_02.jpg



◆台湾フェス「東京タワー台湾祭2019秋」の開催概要

名称:東京タワー台湾祭 2019秋
日程:2019年9月13日(金)~9月16日(月・祝)
時間:13日(金)17:00~21:00、14日(土)・15日(日)11:00~21:00、16日(月祝)11:00~18:00
場所:東京タワー 屋外特設会場(南側駐車場、正面玄関前広場)[地図:Google Map]
入場料:一般800円、小・中学生500円
※入場券にはドリンク引換チケット×2枚、台湾名産のお菓子1個が含まれます。
※ドリンクの引換えは、生ビール・ソフトドリンクなどから選択が可能です。
※各日先着で「台湾祭トートバッグ」をプレゼント。
※雨天決行
▼交通アクセス・最寄り駅
・都営大江戸線「赤羽橋駅」徒歩5分
・東京メトロ日比谷線「神谷町駅」徒歩7分
・都営三田線「御成門駅」徒歩6分
・都営浅草線「大門駅」徒歩10分
・JR山手線「浜松町駅」徒歩15分






◆台湾祭の 感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんからリプライでいただいた「台湾祭」の感想・口コミなどを掲載しています。














◆「東京タワー台湾祭2019秋」の主なメニュー

・葱抓餅(ツォンジュアピン|葱の香ばしさが加わったパイ)
・蚵仔煎(オアチェン|牡蠣と野菜の入った卵焼き)
・胡椒餅(フージャオビン|豚ひき肉と葱が中に入った窯焼き肉まん)
・割包(グァバオ|白い蒸しパンに他の料理を挟んで食べる台湾式バーガー)
・角煮飯(ルーローハン|台湾 豚角煮めし)
・台湾肉粽(ゾンツ|客家風豚の角煮のちまき)
・鶏肉飯(ジーローファン)
・知高飯(ツーガオファン)
・牛肉飯(ニゥロゥファン)
・魯肉飯(ルーローファン)
・小籠包(ショーロンポー)
・手工粽(角煮やシイタケなどの具を入れて、ハスの葉や竹の皮で包んで蒸したちまき)
・炒米粉(豚肉、エビ、野菜などを加えて炒めたライスヌードル)
・葱油餅(ツォンヨゥピン)
・大腸麺線(ダーチャンメンセン)
・台南担仔麺(海老だしのラーメン。肉そぼろがトッピングされます)
・紅葱乾拌麺 (ガンバンメン)
・上蟳米糕(シャンシュンミーガオ)
・麻油鶏(マーヨーチー)
・高雄牛肉麺(ニュウロウミェン)
・生煎包(ションジェンバオ)
・台湾香腸(シァンチャン|台湾風ソーセージ)
・大鶏排(ダージーパイ|唐揚げ)
・芋圓(ユーユェン)

・荔枝啤酒(レイシピージョウ|ライチビール)
・台灣啤酒(台湾ビール)
・タピオカミルクティー
・タピオカドリンクティー
・九份水果 冰沙嬥
・珍珠愛玉檸檬
・珍珠奶蓋洛神
・紅イモ入りタピオカドリンク
・あずき入り黒糖タピオカミルクティー、ほか

スポンサーリンク



▼イベント概要
東京タワー台湾祭2019秋
2019年9月13日-9月16日
東京タワー
東京都港区芝公園4-2-8
公式サイト
国際交流イベント、フードフェス
 





共通テーマ:グルメ・料理