国立科学博物館・筑波植物園で「きのこ展」9月21日~29日まで開催。今年はトリュフに注目 [音楽・アート・展示会]





2019年9月21日(土)から9月29日(日)までの9日間、茨城県つくば市の国立科学博物館・筑波実験植物園で「きのこ展 ~地下にもぐったふしぎなきのこたち~」が開催されます。

スポンサーリンク



tsukuba-kinoko2019_01.jpg


筑波実験植物園の「きのこ展」では、野生きのこ、栽培きのこを大量展示。
また今回は、地下に生える不思議なきのこ『トリュフ(地下生菌)』の仲間に注目します。

日本にも多種多様なトリュフ(地下生菌)が分布します。
その多くは美味しいトリュフである可能性がありますが、日本の食文化で利用されてきたのはショウロ(松露)程度。
一方、小型の動物をはじめとする様々な生き物がトリュフを食べることが知られています。

最近の研究で、トリュフの仲間はもともと地面の上に生えるきのこだったのが、地下に潜るように進化してきたことが明らかになりました。
日本と世界の様々なトリュフについて、豊富な写真、標本とともに展示・紹介されます。

そのほか、「きのこアート作品の展示」や「きのこ画コンテスト」「菌類セミナー」など、きのこ愛にあふれた展示やイベントも催されます。
見る、触る、匂うなど五感で感じる「きのこのワールド」を楽しんでみてはいかがでしょうか。


tsukuba-kinoko2019_02.jpg


◆国立科学博物館・筑波植物園 きのこ展2019開催概要

名称:きのこ展~地下にもぐったふしぎなきのこたち~
日程:2019年9月21日(土)~9月29日(日)
時間:9:00~16:30(入園は16:00まで)
場所:国立科学博物館 筑波実験植物園[地図:Google Map]
入園料:一般310円(高校生以下・65歳以上無料)



◆筑波植物園への交通アクセス

[電車・バスでのアクセス]
・つくばエクスプレス「つくば駅」より関東鉄道バス
 5番乗り場「テクノパーク大穂」行き→「筑波実験植物園前」下車、徒歩2分
 6番乗り場「筑波大学循環左回り」コース→「天久保二丁目」下車、徒歩8分

[車でのアクセス]
・常磐道「桜土浦IC」から約8キロ

[駐車場]
無料駐車場あり(120台)

スポンサーリンク



▼イベント概要
企画展「きのこ展~地下にもぐったふしぎなきのこたち〜」
2019年9月21日-9月29日
国立科学博物館 筑波実験植物園
茨城県つくば市天久保4-1-1
公式サイト
展示会
 




トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました